鯛のなっそ干し

鮮度の良い鯛を塩と津島のお酒どぶろくなっそを旨味として入れて漬け込んで干したものです。鯛1匹を大きく開いて豪快に焼いて食べるもよし、炊き込みご飯の中に入れてもよしです。鯛の旨味をどぶろくnassoと塩だけで引き出した干物です。骨や頭を一緒にご飯と炊き込むことで、出汁も出て美味しいこと間違いありません。簡単に鯛めしが作れます。おふくろの味を味わってみてください。


こちらの商品は購入単位が1~2個までと、3個以上にメニューが分かれております。(3個以上には送料に加え箱代がかかります。)お間違えのないようにお願いいたします

鯛のなっそ干し(1~2個まで)

容量:大1枚

時期:2月〜12月

¥1,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

3個以上お買い求めの方は送料+箱代がかかります。お手数ですが下記からご注文下さい。

鯛のなっそ干し(3個以上)

3個以上のご注文には、別途送料+箱代がかかります

容量:大1枚

時期:2月〜12月

¥1,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

鯛は、桜の咲く頃のさくら鯛!秋から冬の魚に脂がのってくる頃の鯛が、美味いと言われます。

そのままでも私は、美味しいと思いますが、海育ちの方たちは、なぜか鯛は美味しもんじゃないと言います。鮮度のいい鯛で、お吸い物をすると臭いがきになるのでしょうか?好んで食べようとしません。かえって山育ちの方の方が、ゆずなどを入れて、うまく使って美味い美味いと骨までしゃぶるように食べてくれます。

そんな時、津島町岩松の町おこしで作ったどぶろくNASSOと出会いました。最初は、どぶろく臭くなったら嫌だと言っていた主人も

お客さんの反応が意外に良くて、嬉しくなったみたいです。

お酒と魚は切っても切れない仲良し!どぶろくと相性の良い魚は、いろいろ試しましたが、やっぱり鯛が一番だと主人と決めました。豪快な1匹の観音開きにして売ると皆さんびっくりします。しかしリピートしません。美味しいと言ってもらいますが、なんでかな?と試行錯誤してできたのが、今の鯛のなっそ干しです。程よい塩味と魚の旨味を引き出してくれてるNASSOのかくれた旨味を味わってみてください。鯛のなっそ干しは、お酒の苦手な方でも食べれる美味しさです。