電話でのお問い合わせ・ご注文は 0895-32-1618 営業時間:10時〜18時(不定休 天候により変動あり)
ギフトセット(竹コース)

旬の物を旬に!お届けするちょっと贅沢な1品です。夏は、磯魚を始め、麦わらイサギの刺身は、もっちりして美味しく、から揚げや三杯酢にしても美味しい魚または津島名物 六宝 鯛めし津島版、秋から春にかけては、戻り鰹のタタキと干物などを添えて相手様に喜んでいただけるものを大将が、吟味してお届けします。

ギフトセット(竹コース)

 金額:5000円

 容量:2〜4人用

 時期:年中予約

 説明:坂本鮮魚の大将が、1押しのオススメ品の詰め合わせです。鮮度にこだわり同じ魚でも1級品を提供させていただきます。

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

ギフト(竹コース)

ギフトセット竹 5000円 磯魚とは?知ってますか? イシダイ、ほごまたのなをかさごといった滅多に入らないものを得意としたセットです

。お客様のご要望にお応えして半調理して提供致します。 海の恵みを味わって食べて欲しい一品です。 また磯魚は、数に限りがあるためもう一つの選択として、津島名物六宝、カツオのたたき、干物セットを提供させてもらいます。

六宝って何?

もともとは、漁師飯と聞いてます。それを津島町の人たちが、色々とアレンジして6つの調味料を入れて魚を漬けにして卵かけ御飯のようにして食べるものです。

ソウルフード! 津島町では、景気の良かった頃はお正月から始まり男の厄祓い、結婚式、子供の名付け 桃の節句端午の節句、お花見、初盆、仏様の年忌の行事、秋の月見、お祭り、忘年会などことあるごとに人が集まり宴会をしていました。

大鉢の料理を作ったり、料理屋さんに頼んだりして華やかな宴会が繰り広げられて親睦を深めていました。 またお土産に料理をお持ち帰りしてもらう風習もありました。

宴会の後に刺身が残るとタレに漬け込み次の日に食す。もてなす側、もてなされる側ともに酒の肴をもったいない精神から生まれた食文化です。 こうして生まれたのが、六宝ではないかと思います。

ところ変われば鯛飯も変わる 松山から東予にかけては、鯛飯といえば、炊き込みご飯 南予は、卵かけ御飯のようにして魚を生の刺身にタレをかけて食べるものです。

愛媛のおふくろの味を食べてみてください。また南予のじゃこ天の入った炊き込みご飯、いりこの入った炊き込みご飯などの材料も大将の目に適ったものを提供しています。

メールのやり取りで、その日の美味しいものを提供します。 v

アオリイカをさばいて刺身、げそに分けてお届けします。天気が良ければ、1日干しにしてもお届けします。